自立支援寮の実態とは!?ニート生活から抜け出せるか親子の不安は?

自立支援寮という社会復帰を目的とした
私設があるという。

何度かテレビでも見た事があるが
家庭で問題のある子ども(ニート)や
家庭内暴力など

社会復帰や更生を目的とした
私設が自立支援寮だ。

この、自立支援寮にも
お金を目的とした悪徳なものもあるという。

自立支援寮ってあまり聞きなれてなかったけど
家庭に問題があった場合に利用する人も
結構いるようだ。

ということで今回は・・・

自立支援寮が聞きなれなかったので
少しリサーチしてみた。

悪徳なものとの区別も難しいようだけど
どういったものが悪徳なのか調べて見たよ!

スポンサーリンク

全国のニートって多い?

今年、内閣府の発表によると
2017年のニートの統計が発表された。

20歳~34歳のニートは48万人もいるんだって!

想像してたより遥かに多かった・・・

しかし、35歳以上となると123万人・・・

高齢なほど多くなってる・・・

合計で171万人にものぼる。

これだけの数がいるからこそ
社会復帰を歌い文句にして
悪徳なビジネスが横行してるのは
分からないでもない。

悪徳な施設からすればビジネスが
成り立つほどの人数なんだろう。。

どれほどの金額が発生するのだろう・・・

自立支援寮の金額っていくらだろう

自立支援寮なので、社会復帰や自立を目指して
寮に入る事になる。

相場としての入寮費は10万~20万程度らしいが
悪徳な施設ともなると100万円以上の支払いを
請求するとこもあるという。

しかし、問題がある子供を抱える親の
心境としてはどうだろう・・・

もう、手が付けられないくらいに
家庭内暴力があったり

部屋に声を掛けに行っても返事もしない
部屋から出てこない

そうなると何とか更生させたい!

ちゃんと社会復帰して他の子どもと
同じように楽しく生活してほしい!

そう思うのは親心としては当然だろう。

100万円と言われても高いとは思うだろうが
本当に更生できるのならと支払ってしまうのだろう。

まさに、弱みにつけ込むような感じで
悪徳と言わざるを得ない・・・

スポンサーリンク

ちゃんとしてる自立支援寮もある

悪徳な自立支援寮はあるのだけど
ちゃんと自立目的で運営してるのも
もちろん存在しする。

ただ、ネットで調べても情報は殆どなく
その見分けが非常に難しい。。

本当のところの実態が分からないのだ。

こういった施設に入寮させなくても
家庭内で問題を解決できるのがベストだが
本当に手を付けられないようなら
親の心境からすると藁にも縋る思いで
入寮させるのだろう。

その後の高い請求がきたとしても
情報が少ない分、請求された額が
妥当だと思い支払ってしまうのだろう。

まとめ

今回は、自立支援寮の悪徳な施設があるという事で
色々と調べてみたよ。

正直、こういった家庭内の問題は
相談できる所自体が少ない。

親戚などの身内にも話ずらいし
近所の友達などにはとても話せないだろう。

そういった時に、自立支援寮などがあると
相談窓口があるので相談に行くのだろうね。

こういう所はメールでの相談も出来るはずだから
いきなり電話というよりは
メールでの相談からがいいかもね。

そこである程度の情報を得られれば
今後どうするか夫婦でも相談できる。

このような情報弱者を食い物にするような
施設があるのは本当に要注意だね。

スポンサーリンク


スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索