犬猿の仲?爆笑太田と松本人志の不仲説の真実は!?

爆笑問題の太田光がダウンタウンの松本人志の事を
番組内で「大っ嫌い!」だと言ってたね・・・

事務所は違えど一応、先輩である松本人志に対して
そんなこと言って大丈夫なの?と
思ってしまったw

まあ、物事をハッキリ言うイメージが
爆笑太田にはあるけど
本当に大丈夫なんだろうか・・・

この二人には以前から不仲説があるけど
それって本当なのかな?

嫌いなら嫌いの理由があるだろうけど
その理由も気になるな・・・

今回は、爆笑太田が松本人志を嫌いと発言
したことに対して本当に不仲なのか

その嫌いな理由は何なのか・・・

気になる事をしらべてみたよ!

スポンサーリンク

爆笑太田が松本人志を嫌いな理由

かなり色々とあるようだけど
芸能界の伝説とまで言われた事件があるようだ

若かりしころ、松本人志が爆笑太田に
土下座をさせたという・・・

事の発端は、全身アディダスで固めていた
松本人志に対して「アディダスの広告塔みたい」
発言したことに松本人志が激怒!

楽屋に呼び出して土下座させたのだという。

その時、松本人志は爆笑太田にたいして
3択の中から謝罪方法を選ばせたと言う。

・このまま芸能界を去る
・この場でパイプ椅子で殴られる
・土下座をする

この3択で爆笑太田が選んだのが
土下座だったようだ。

しかし、これは誇張してる部分があると言う
誇張して話していたのは水道橋博士。

かれも、以前は爆笑太田のは不仲だった。
何か嫌がらせのつもりで誇張したのかもしれないね。

実際は、松本人志じゃなく今田や板尾、東野などが
この爆笑太田の発言にブチ切れて楽屋に怒鳴り込んだとか

松本人志は横で見ていただけだという噂もある。

どこまで真実かどうかは分からないが
何かがあったのは事実だろう。

土下座事件が1994年だからこの時代だね!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
THE VERY BEST ON AIR of ダウンタウンのごっつええ感じ 1994 [ ダウンタウン ]
ここから20年もの間、二人の共演はない・・・

20年ぶりの共演で和解か?

笑っていいともの最終回。
グランドフィナーレで共演をしている。

ここには、ダウンタウンと不仲と言われる
とんねるずも共演したのだ。

1つのステージに、ダウンタウン、爆笑問題
とんねるずが上がったのだ!

あの時は、ちょっと衝撃でドキドキしたなw

一緒に出演していた松村邦洋が言ったのだが
CM中に爆笑太田が松本人志に向かって
「色々とすみませんでした」と言ってたようだ。

謝るって事は、やはり何かはあったのだろうね。

じゃ、なぜ今になって大嫌いなどと・・・w

松本人志は、CM中に爆笑太田に対して
「ありがとうな」と言ってたらしい。

何に対してのありがとうなかは分からないが
これで色々と和解の方向へ進んだのかな?

この二人は、ステージで一緒になる前に
既にトイレで対面していたようだw

その時は、挨拶だけで終わったようだが
まあ、びっくりしただろうねw

スポンサーリンク

不仲説の真実は

爆笑太田の場合、これをネタにしている可能性も
なくはないと思う。

物事はハッキリ言うが、それを笑いに変えてる部分も
ある。

笑っていいとものグランドフィナーレでは
松本人志の発言に対しても笑ってるし
距離だって近くに立っている。

本当に嫌いなら、嫌いな人の発言で
笑うのだろうか

テレビに映ってるから笑ってたとも言えるが
爆笑太田くらい好き嫌いがはっきりしていれば
そこは笑わない気がしないでもない。

確かに20年間共演はしていないが
それだけで不仲とはならないだろう。

ダウンタウンととんねるずにしても
本当は不仲じゃないしね。

周りが会わせないよう、会わせないように
してるとダウンタウンの2人も言っていた。

本人たちはそんな事はないようだ。

なぜこんな噂がたったのかダウンタウンの
二人も不思議に思ってるみたい。

昔のダウンタウンは他のタレントを
結構、悪く言ったりすることもあったから
そんなとこからの周りのイメージなのかもしれない。

まとめ

今回は、爆笑太田と松本人志の不仲説が
真実なのかどうかを考察してみた。

爆笑太田と松本人志の間に何かはあったのだろう。

しかし、爆笑太田は謝罪もしている。
松本人志は、ありがとうなと言った。

二人の仲は、周りが騒ぐほど不仲じゃないと
私は思う。

爆笑太田のネタの可能性!を否定できないw

昔の芸能界はギスギスしてたと
ワイドナショーで松本人志も発言している。

二人の間で何があったのかは分からないけど
今が和解出来てればそれでいいやん!

でも、今後の共演は無いとは思うけどねw

あの、笑っていいともグランドフィナーレは
ある意味、永久保存だねw

スポンサーリンク


スポンサーリンク
検索