滝川英治のケガの具合は?撮影の仕方に無理があったのでは!?


9月15日の午後1時ごろ俳優の滝川英治さん(38)が
自転車を運転中に転倒して病院に運ばれたようだ。

全身を強く打ち重傷だという・・・

滝川英治は「スカパー!」のテレビドラマ
「弱虫ペダル2」の撮影中で
富士河口湖町方面から笛吹市方面へ進行中
下り坂の右カーブで左側の縁石に衝突。

現在、警察が事故原因を調べてるようだ。

さて、滝川英治さんのケガの具合は
どれくらいなのか

重症だという発表だがドラマの代役など
どうなるのか・・・

気になる事をリサーチしてみたよ!

スポンサーリンク

滝川英治のケガの具合はどれくらい?

滝川英治が原付バイクを追い越すという
シーンの撮影中に事故が起きたという。

ケガの具合は詳しく発表されていないが
全身を強く打ち重傷ということで
普通に歩けたり出来るようなレベルでは
ないと思われる

現場は下り坂・・・
しかも、原付を追い越すというから
スピードもかなり出ていたのではないだろうか

そこからの転倒となると
どれほどの衝撃か容易に推測できる。

下り坂って自転車だと本当に危ないのよね・・・

学生時代よく経験した人もいるだろう。

擦り傷などはもちろんのこと
重症なので全身を強く打ってるのなら
骨折の可能性だってある。

命に別条はないようなので
そこは安心だ。

撮影方法に問題はなかったのだろうか

ドラマ撮影に問題はないのか?

まず今回の「弱虫ペダル」というのは
漫画が実写化されたものだ。

ストーリーとしては自転車競技部に所属しており
文字通り自転車の競技をする話。

ただ、これを実写化となると
坂道の競技など素人には無理と思われる。

それこそ、レースのシーンなどでは
スタントマンもしくは自転車競技のプロなどを使い
安全に撮影しなくてはいけないのでは?と
思ってしまう。

滝川英治さんも2か月の間
プロに指導してもらったようだが
そんなに甘いもんじゃないだろう。

こういった実写化の難しいものには
それなりの撮影方法があると思う。

危ないスタントシーンでも
自分でこなす俳優さんなど一部いるが
本当に危険であり今回のような
事故にもなりかねないので
撮影方法は考えなおす必要もあるだろう。

スポンサーリンク

ドラマの代役はどうなるんだろう

今日、事故が起きたばかりで
代役などの発表は今の所はない

急な事なので中々、難しい面ではあるだろうね

しかし、また同じように素人が
自転車競技のシーンをするなら
滝川英治さんの二の舞になりかねない。

撮影を続けるならばプロを用意する必要がるだろう。

しかし、スカパー側はコメントとして

情報収集中。収録を続けるかどうかも含めて分からない

撮影自体が中止になる可能性もあるようだ。

危険な撮影になるのだろうから
身長に検討してもらいないね。

まとめ

今回は、ドラマ撮影中に俳優の滝川英治さんが
自転車転倒事故を起こし重症だということで
ケガの具合などについて調べてみた。

まだ情報は少ないが命に別条ないなら
とりあえず安心ってところかな。

滝川英治さんは、なんとあの滝川クリステルの
いとこなんだって。

ファイト一発のCMにも出ていたよね。

リハビリが必要なくらいのケガかもしれないが
立派に復帰してもらいたいね。

もう危ない撮影はやめようね・・・

スポンサーリンク


スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索