北朝鮮が宣戦布告か!?この威嚇にどう対応する!アメリカの動きは?

本日14日、北朝鮮が日本に
宣戦布告とも取れる声明を発表した。

国連安保理で北朝鮮制裁決議に
「日本は米国の制裁騒動に便乗した」と非難。

そして「日本列島4島を核爆弾で海に沈めなければならない」
威嚇した。

ここまでハッキリとした威嚇は
今までになかっただろう。

宣戦布告としか取れない・・・
おいおい・・・

この宣戦布告とも取れる声明を聞き
日本はどう対応するのだろうか。

そして、アメリカの動きなども気になる

今回は、北朝鮮の宣戦布告に対して
日本とアメリカはどう動くのか
考察してみよう!

スポンサーリンク

なぜここまでの宣戦布告をしてきたのか

北朝鮮が何でここまでの宣戦布告をしたのか

13日に国連安保理での北朝鮮制裁決議
日本が便乗したと激怒か!

だからなのか!?

北朝鮮はの声明で
「日本の領土上空を飛び越えるわれわれの大陸間弾道ミサイル
(ICBM)を見ても正気を取り戻さない日本人を
たたきのめさなければならない」

(ICBM)大陸間弾道ミサイルの詳しい記事はこちら☜

正気じゃないのは我々なのか・・・?
違うだろう!

日本が正気じゃないから核で沈めるのか

そしてさらにはアメリカを「決議のでっち上げ犯」
「わが軍や人民は、米国人を狂犬のように
棒で打ち殺さなければならないと強く主張している」
と警告までしている。。

なぜここまで強気の外交が出来る・・・

北朝鮮の宣戦布告に日本の対応は?

日本に核爆弾を落とすと明確に声明を出した。
これは宣戦布告とも取れる。

さて我が日本はどう対応するのだろう・・・

当然ながら日本は核武装していない。
核には核を持っていれば抑止力にもなるが
核を持たない日本は北朝鮮からすれば
核攻撃をしやすいだろう。

アメリカがイラク戦争にすぐ動けたのは
イラクが核を持っていないからだと思う。

核を保有している北朝鮮には
未だに何も出来ずにいる。

それくらい抑止力とは大きいのだ。

しかし、日本には同盟国のアメリカがいるだけに
その宣戦布告とも取れる脅しに屈するわけには
いかないだろう。

戦争を放棄し、核を持っていない日本には
特に強気だな・・・

果たして戦争を放棄している
無抵抗な日本に対して核爆弾を落とすのか・・・

核の抑止力がない日本は対話でなんとか
しようとするのだろうか・・・

実際に発射されたら打ち落とすのも
全弾は無理だろう。

今後の日本の対応に注目だね

スポンサーリンク

北朝鮮の宣戦布告にアメリカの動きは?

アメリカの同盟国である日本に対して
核爆弾を落とすのがどういうことになるか
北朝鮮も分かってるとは思うが
謎の強気である。

外からの輸出入が途絶えると
国として成り立たなくなるのに
この強気・・・

無抵抗の日本に核爆弾など落とすと
一気に国が無くなるだろうと思う。

貿易は完全停止でどの国からも
相手にされなくなると思われる。

そこまでの破綻状態になれば
本当に何をしてくるか分からない国だけに
超超怖いよね・・・

日本が実際に核攻撃を受けたら
アメリカは反撃に出てくれるのか・・・

普通、同盟国ならそうなる気もするが
日本人全員がアメリカが守ってくれるなど
甘い考えは持っていないだろう。

核爆弾などは撃たせてはだめなのだ。

撃った瞬間に被弾する可能性が
1%でもある・・・

核爆弾が落ちる可能性が1%・・・
十分に怖い数字である。

北朝鮮の威嚇に対してアメリカも強気だが
今後どうなるのかアメリカの動きも注目だ。

スポンサーリンク

日本に敵意むき出しだな

制裁決議でアメリカに便乗した日本を
特に敵視している。

制裁に賛成したのはロシアと中国もだ
なんで日本にそんなに!

ロシアと中国にも同じこと言えよ!

唯一、戦争を放棄してる国に対して
なんだその宣戦布告は!

強気の外交と見せかけて
攻撃しやすいところからするのか・・・

グアムの時は、グアム近海にミサイル4発を
撃つと言っていた。

近海にだ!

それが日本相手なら列島の4島全部に
核爆弾かよ!

今後、政府の対応に期待はしたい。
こんな宣戦布告は日本国民にとっては
恐怖でしかない・・・

まとめ

今回は、北朝鮮が宣戦布告とも取れる
声明を発表したので日本とアメリカが
どう動くか考察してみた。

実際、アメリカも核を持ってる国に対しては
簡単にはいかないだろう。

自国に落とされたらたまったもんじゃないしね

同盟国の日本が威嚇されてる事実をふまえ
アメリカには核爆弾が発射される前に
対応してほしい。

しかし、ここまで強気の宣戦布告だ
対話などは実際問題で難しく思う・・・

こわい・・・

今後の北朝鮮の動きにも注目やね

北朝鮮まとめ記事はこちら☜

スポンサーリンク


スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索