核ミサイルが発射されたら非難はどうすればいいのか最適な逃げ場所

北朝鮮が何発も挑発と見られるミサイル発射
今の所、核ミサイルではないようだが
もしも今後、核ミサイルが日本に向けて発射されたら
非難はどうすればいいのか・・・?

最適な避難場所とはどこなのか

まったく可能性がゼロではないだけに
避難場所があるなら知識として持っておくのも
大事になってくる。

今回は、もしも日本に核ミサイルが発射されたら
ということを想定して避難場所などについて
気になることを調べてみた。

スポンサーリンク

最適な避難場所とは

核ミサイルが発射された場合の避難場所
最適なのは地下だと言われている。

広島原爆の際に地下に逃げていて
助かった人たちもいる事実から考えると
間違いないと言えるだろう。

理想は深ければ深いほどいいけど
近くに中々そこまでの深度の地下が
ない時もあるだろう。

地下鉄くらいの深さであれば
放射能の影響は200分の1程度に軽減されるようだ。

核ミサイルが発射されてから地下を探していたのでは
手遅れになる可能性が高いため
日頃から自分が住んでる地域の直近の地下施設を
確認しておくといいだろう。

爆発後最も危険だと言われている放射能
これをしのぐには地下に逃げ込むのが
一番安全なのである。

地下シェルターなど持っていればベスト

非難する時間はどれくらいか

最近では、Jアラートという
警報システムが採用されているが
非難する時間は少ないと言える。

核ミサイルが発射されると日本までに
7~8分で着弾すると予想されている。

実際に逃げる時間は約3分くらいしかないだろう。

その為に上記で挙げた普段から自分の地域の
地下施設の確認が重要になってくる。

先に地下施設を確認しておけば
非難する時間を短縮できるからだ。

正直、3分で何が出来るんだと思うかもしれない
だけど、事前確認をきちんとして
何もしないよりはマシである。

例え、3分以内に地下に行く事が出来ないとしても
放射能の影響がある灰の雨などを防げる可能性も出てくる。

時間は短いが生き延びる為に最善の努力をしよう。。

その際は準備も必要だね。

非難する時に必要な準備とは

地下に逃げ込めたと仮定して
準備するものは何が必要なのか・・・

最低限、水は必要だ。

ライトやビニール袋もあればいい。

人間は水分さえ取っていればある程度食事を
取らなくても大丈夫だと言われている。

何日分もの食事を持ち出す事は大変なので
せめて水分は非難する時は用意しておこう。

ビニール袋には自分が着ていた衣服などを
脱ぎ捨て完全密閉しておく為に持っていく。

服にも放射能性物質がついている場合があるので
拡散しない為にも衣類はビニール袋などに入れ
密閉して離れた場所に捨てよう。

体にも付着している可能性がある
出来れば石鹸なども持っていき
体や髪の毛を洗い流す事ができればベスト。

それで、何とか2週間は耐えよう。

スポンサーリンク

なぜ2週間か

核ミサイルなどによる大気汚染は
約2種間で1000分の1にまで減るようだ。

核ミサイル投下後2週間を乗り切る事が出来たら
放射能症などの死に関わる症状を回避し
生命を維持できる可能性があがるということ。

この2週間を耐えきれないと放射能症の
影響が出ることが考えられお先真っ暗ということ。

事前に、最低でも2週間を乗り切れるだけの
準備をしておくのがベストだ。

水分などの準備は怠らないようにしないとね

地下に避難できない場合は

核ミサイルが投下された時には
地下に逃げ込むのがベストと言われてるが
近くに地下施設がない場合もあるだろう。

私の住んでる所は田舎なので地下鉄などがない・・・

そんな場合はどうすればいいのか

出来るだけ頑丈な建物に逃げ込む
レンガやコンクリートで出来ている
頑丈な建物だ。

窓とかが無い建物ならベストだけど
そんなのをいちいち探せないと思うので
とりあえず頑丈な建物に逃げ込んだら
爆風で窓ガラスなどは割れるので

それに当たらないように建物の中心で
うつ伏せで避難しよう。

閃光や熱線もあるので肌の露出は控えておこう

まとめ

今回は、核ミサイルが発射された場合の
避難場所や準備するものについて書いた。

こうすれば必ず助かるというものではないが・・・

諦めたら最後。生き延びる為に最善を尽くそう。

北朝鮮が自国が破綻寸前なら核ミサイルを
撃ってこないとも限らない。

その為に避難準備をするだけでも
違いは出てくるはずだ。

近隣の地下施設や頑丈な建物を調べておき
万が一に備えよう。

何も起こらない事を祈るけどね・・・

北朝鮮まとめ記事はこちら☜

スポンサーリンク


スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索