北朝鮮の今後の動きはどうなる?Jアラートも無意味で世間は恐怖

本日の早朝6時前に北朝鮮がミサイルを発射

ミサイルは日本列島上空を通過し
襟裳岬の東1180キロの太平洋に落下したようだ。

ミサイル発射情報がJアラートにより
速報として流れ対象地域は
北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形
福島、茨城、栃木、群馬、新潟、長野の各県。

北朝鮮のミサイルが日本列島を飛び越えたのは
南西諸島を除き、2009年の4月に人工衛星
打ち上げと称して長距離弾道ミサイル
「テポドン2号」改良型を発射して以来となる。

まだまだ続く北朝鮮の挑発行動
今後は、どんな動きを見せるのか・・・

またJアラート(全国瞬時警報システム)
運用が開始されて10年程になるが
全く無意味ではないのか?

北朝鮮の今後の動きと
Jアラートについて調べてみた。

スポンサーリンク

北朝鮮は今後どう動くのか

幾度となく日本近海にミサイルを
落下させている北朝鮮。

経済制裁や核開発の中止拒否などで
ひたすらミサイルを発射し挑発を繰り返している。

なぜ、ここまで強気になれるのか・・・

外交という意味では、日本の弱腰とは違い
外交力はあるのかなという感じ。

アメリカ相手でも一歩も引かない姿勢は
確かに凄い。

独裁政治の継続や経済制裁の凍結
色々と考えがあっての行動だと思うが
日本上空をミサイルが通過するなど
北朝鮮の動きに今後、全く安心が出来ない。

アメリカも強固な姿勢を見せ
グアム近郊などにミサイルを落とせば
北朝鮮が火の海になるだろうな発言を
トランプ氏がしていた。

そのセリフに北朝鮮はびびったのか?

グアム方向へのミサイル発射予定が
日本上空を通過して襟裳岬の方へ
当初の予定と変わっている。

今後の動きとしては核をちらつかせ
挑発行動が続くだろうと予想出来る。

アメリカがいつものように武力行使が
行えないには理由もあるだろう。

アメリカが武力行使できない理由

以前のイラク戦争などの時は
アメリカは早々に武力行使をしイラクを
制圧している。

今回の北朝鮮にはそれがない

やはり、核を保有という理由が
武力行使をためらわせる理由の1つであると思う。

アメリカが通常弾で北朝鮮を攻撃したとして
報復で核を使用してくる可能性もゼロではない。

北朝鮮という国は何を考えているか
分からないからだ。

経済制裁もされ、輸出や輸入にも制限がかけられ
国として破綻を迎えたとしたら
どんな手に出てくるかが全く読めない。

それくらい恐怖があるだろう。

昔の北朝鮮なら核開発の技術はあっても
核を飛ばす技術がないと言われていた。

最近ではその技術力もかなり向上しているようで
アメリカ本土に向けて核が発射されないとも限らない。

核を使う可能性が1%でもあるなら
不安になるのは当然だ。

絶対に使用してはいけないものだから・・・

ミサイルをなぜ迎撃できなかったのかも
気になったよね

スポンサーリンク

日本はミサイルをなぜ迎撃しなかったのか

発射を政府が確認したのち
日本本土には落ちないと判断したのではないだろうか

本土に落ちないものを迎撃して破片などが
落ちてくると危ないと考えたのだろうか

国民からすれば本土に落ちる落ちないの
判断が出来ないため迎撃しない不安が残るだろう。

そして迎撃ミサイルというのは
100%ミサイルを打ち落とせるということはない

日本本土に落ちると分かって迎撃しても
100%ではないのだ・・・

今回は、日本列島の上空を通過することが
分かっていたのだろうから迎撃はしなかったと
予想できる。

そして、北朝鮮が撃ったミサイルを
日本が迎撃したら北朝鮮はどう思うか・・・

恐らく日本政府はそれも考えただろう
北朝鮮からすると邪魔をされたということになる。

その邪魔者を相手にどんな行動をとってくるか
北朝鮮とはそういう不安になる国である。

Jアラートが鳴ってから迎撃で間にあうのか?

Jアラートって無意味じゃない?

Jアラートが鳴った地域は短時間で避難などできるのか
恐らく無理でしょう・・・

それくらいJアラートが鳴ってからの時間がない

今回の場合だとミサイル発射が午前5時57分
発射情報が発表されたのが6時2分。

この時点で5分は経過している。

その後、スマホなどに速報が来るのが
約1~2分後・・・

北海道上空を通過したのが6時6分。

Jアラートが鳴ってからだと非難する時間は
最大で3分間くらいだ。

この、Jアラートは緊急の速報をしてくれるだけ
という印象しかない。

時間的に非難は無理だ。

Jアラートに気付いて準備してる間に
ミサイルは通過してしまってる・・・

今後、何かしら改良されるのかどうかだが
ミサイル発射前に探知は難しいだろうから
Jアラートのシステム自体が無意味に思えて仕方ない。

スポンサーリンク

対話では解決しないのか

出来れば戦争などにならずに
対話で和解できるのがベストだと思う。

アメリカのトランプ氏は
北朝鮮が対話のテーブルに立つなら
対話の用意もあると言っている。

それを無視しまくってもミサイル発射・・・

北朝鮮は対話するつもりはないのだろう

では、どうしたいのか?

挑発を続けてアメリカが折れてくれることを
待っているのだろうとしか思えないが
まず、アメリカという国は屈しない

北朝鮮は、そんなことも分からないのだろうか

このまま、経済制裁や輸出入の制限があると
国自体が破綻してしまいそうなのに
未だに強気で挑発を続けてくる・・・

最終的には何を考えているのか・・・

本当に不安しか残らないよ。。

まとめ

今回は、北朝鮮の今後の動きと
Jアラートについて書いてみたけど
日本も多少は強気で行かないとなと
思ってしまう。

何を考えているかの真意は謎なだけに
本当に日本国民は恐怖だ。

頭の上をミサイルが通過するなど
怖すぎて・・・

ミサイル発射の技術が向上しているとはいえ
昔の技術力を考えると不安は残る・・・

絶対などありえない・・・

今後の北朝鮮の動きに注目しておこう

北朝鮮まとめ記事はこちら☜

スポンサーリンク


スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索