沈黙の艦隊あらすじ!海江田艦長の頭脳に感服!

今回は、私の大好きな漫画
「沈黙の艦隊」のあらすじと
私が読んだ感想などを書いてみる。

沈黙の艦隊は潜水艦バトルを描いた
戦記物で国際政治や核問題を取り扱った
少し大人向けの漫画になる。

高校生くらいの時に読んで
かなりハマって今でも大好きな
漫画の一つになる。

主人公である艦長海江田
かなり頭がいいw

すごい憧れた記憶があるなー

子供だったので
「俺も潜水艦の艦長になりたい!」
などと一瞬夢見た記憶もある・・・

では、簡単に沈黙の艦隊の
あらすじを書いていくねー

スポンサーリンク

沈黙の艦隊あらすじ

日本初の原子力潜水艦として
秘密裏に開発されていた潜水艦

アメリカとの共同開発。
その原子力潜水艦の名前はシーバット。

日本初の原潜で所属はアメリカ海軍となる。

このシーバットの艦長に選ばれたのが
海上自衛隊の潜水艦「やまなみ」艦長の海江田だ。

海江田はシーバットに乗り込み試験航海に
出る事になるが、その道中で全乗組員と反乱を起こす。

音響魚雷を米海軍に撃ち
監視から姿をくらませて逃亡。

海江田はシーバットを「やまと」と命名する。
それ以降、海江田は国家元首を名乗り
独立国家「やまと」として航行することになる。

海江田艦長の目的が凄い

海江田艦長はなぜリスクを背負ってまで
独立国家を名乗りアメリカを挑発し続けるのか

海江田艦長の目的とは・・・
地球をひとつの国家とすること

話が凄すぎてよくわからないがw

海江田艦長が考えている事は
戦争の時代はすでに終わっている
それをこの航海で実証するというのだ。

かっこいい・・・

海江田艦長は海上自衛隊始まっていらいの
天才と称されて演習ではアメリカ軍空母の
「カールビンソン」を5回も仕留めるほどの
操艦技術・・・惚れ惚れしますw

この目的を持って国連に出席するべく
アメリカ本土を目指している。

沈黙の艦隊は魅力がある

現在、北朝鮮問題などで
毎日のようにテレビで放送されているが

この沈黙の艦隊という漫画は
非常に核問題をリアルに描いている。

漫画なのに色々と勉強になる事も多いのだ。

戦争に時代が終わったという海江田艦長

私も激しく同意できる。

そういう時代は終わったし
戦争なんてしてはだめだ・・・
少なからず関係のない子供などが
犠牲になる現実があるから・・・

艦長海江田は言う
核などを使える国はない。

核が唯一効果を発揮するのは
抑止力のみで発揮できるのだ。

核に対しては核で報復する恐れがあるから
使えないということだね。

この抑止力が核の唯一の効果だと言う。
海江田艦長は魅力ある人物だ。

スポンサーリンク

アメリカ軍の妨害

アメリカ軍は、反乱した「やまと」を
何とか撃沈しようとあらゆる手を使って
やまとを襲う。

ソ連軍なども撃沈に向かうが
海江田の前に全く歯が立たない。

相手は潜水艦1隻・・・
アメリカ軍は、かなりの数の艦隊を
撃沈に向かわせるが

海江田艦長の神がかり的な
操艦の前に手も足もでない。

本当にかっこいいんだよw

頭よすぎ!

そして、アメリカ軍は戦艦やまとの撃沈は
現時点では不可能と判断する。

潜水艦一隻でアメリカ軍に勝ったのだ!
そして、海江田艦長は国連に出席することになる。

そこからどんなドラマが待ってるのだろうか・・・

沈黙の艦隊 全32巻完結(モーニングKC ) [マーケットプレイス コミックセット]

まとめ

やっぱり戦記物は面白いです。
男性向け漫画ですけどねw

政治の勉強にも国際情勢の勉強にもなる

とってもオススメできる漫画だよ。

本当に海江田艦長はかっこよくてね~

頭がいい人って魅力あるよね!

あれ以来、自衛隊とかあまり興味なかったけど
海軍は凄く好きになったw

潜水艦とか見に行きたいなーとか思うしねw

それくらいドはまりする漫画だから
興味あれば読んでみるといいかも(^^♪

スポンサーリンク


スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索