砂川啓介が尿管がんで死去。尿管がんってどんな病気なの?

俳優の砂川啓介さんが
7月11日尿管がんのため
東京都内の病院で死去しました。

80歳

通夜、告別式は砂川さんの遺志で
近親者で執り行ったようです。

砂川啓介さんの妻は
ドラえもんの声優で有名な
大山のぶ代さんです。

大山のぶ代さんは認知症で闘病中だった
近年は、砂川さんが介護を続けていました。

非常に残念で無念な出来事ですが
砂川啓介さんの事を調べてみました。

スポンサーリンク

砂川啓介ってどんな人だったの?

砂川啓介 (本名 山下啓一)
満80歳でした。

東京出身で日本の俳優、タレントとして活躍
高校在学中に「足摺岬」など社会派映画に
多数出演していました。

卒業後、演技の基礎を学ぶ為に
江口舞踊研究所に入り
本格的にモダンダンスを習う。

61年からNHKの初代体操のおにいさんとして
活躍し人気が急上昇した。

日本テレビの「お昼のワイドショー」など
司会もこなす程の活躍ぶりだったようです。

64年に番組共演がきっかけで
国民的アニメ「ドラえもん」の
精油を務めた大山のぶ代さんと
結婚。

15年にラジオ番組で
妻の大山のぶ代さんが
認知症であることを公表した。

13年に砂川啓介さんは
胃がんの発病したことも明かし
16年には尿管がんの診断を受けていた。

スポンサーリンク

尿管がんとは?

50代~70代男性に多く見られる。
尿管は腎臓と膀胱を繋いでる長い管
左右1本ずつある。

尿管は尿路上皮という粘膜で
覆われています。
膀胱がんなど合併することが多く
尿路の色々な所に多発しやすい病気。

症状は、血尿。
突然、尿に血が混ざるのが特徴
ガンが周囲に広がると
腰や、背中、脇腹などの痛みがくることがある。

尿管がんの原因は、原因不明とされており
確定的ではないのですが
禁煙について関連があるのではと指摘されています。

砂川啓介の若い時は?

砂川啓介さんの若い時は
歌のおにいさんとしてブレイクしており
プレイボーイだったようですね。

妻の大山のぶ代さんは二度ほど妊娠してますが
流産と生後三か月で他界してしまっています。
非常に悲しく、辛い経験だったでしょう。

そのことで夫の砂川啓介さんに気を使ったのか
「私は子供を授かる事がもうできないから
 外で他の女性と遊んできていいよ」的な発言を
していたようです・・・

本心ではないでしょうが思いやりだったのでしょうか?

浮気相手は情報がありませんが
浮気相手とホテルで密会していて
その領収書を家まで持ち帰ったそうです。

それを、大山のぶ代さんに見つかり
あっさりと自白したそうです。。。

妻・大山のぶ代は大丈夫?

妻の大山のぶ代さんが認知症で
献身的に介護していたようですが
今後どうなるのでしょう。。

生前に砂川啓介さんは
妻を残しては先に逝けない
心境を語っていましたね。

しかし、お二人には子供はいない
砂川啓介さんが死去したことで
完全に身寄りがなくなってしまった。

砂川啓介さんも、それが分かっていたから
先に逝く訳にはいかないと思っていたのでしょう。

砂川啓介さんが4月に尿管がんの診断を受け
大山のぶ代さんが一人になってしまうと
老人ホームに入ってもらわないといけないと
決断したようです。

現在、自宅近くの老人ホームで過ごしている。

身寄りがない孤独感はあるかもだけど
妻が今後、一人になる心配があるからこそ
先を考え入所させたのでしょう。

まとめ

認知症の妻
大山のぶ代さんより
先に逝くことになってしまい
さぞかし無念でしょう・・・

心配でしょう・・・

おしどり夫婦で
誰の目からも仲のいい夫婦
だったようですね。

老人ホームへの入所はしたけど
砂川啓介さん本人は
戻ってこれるなら戻ってきてほしいと
本心を話ていましたね。

この先、一人になる事が分かっていたから
出来なかったのでしょう・・・

本当に悲しい・・・・・

ご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク


スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索

コメント

  1. サイナイ より:

    『うたのえほん』の初代たいそうのおにいさんだった砂川啓介さんが今まで生きていた事が分かるのは花田ゆういちろうさん(※)の就任以来、『音楽博士のうららかコンサート』(※)の収録当時でした。

    後、「東京都内の病院」は潘恵子さん(※)の出身地である港区の方ですよ。

    横山だいすけさんといとうまゆさん(※)時代には同じ東京都出身だった福田和禾子さん、上原りささん(※)時代からは越部信義さん(※)、中村秀利さん、小森昭宏さん等が亡くなっています。

    心よりご冥福をお祈りいたします。

    ※:砂川啓介さん等と同じ東京都出身の『おかあさんといっしょ』の第12代目うたのおにいさん。

    ※:2017年5月に東京都渋谷区のNHKホールで行われた『おかあさんといっしょ』のファミリーコンサート。

    ※:『スプーンひめのスイングキッチン』の主人公の声を演じた女性声優さん。

    ※:東京都生まれで秋田県出身の『ズーズーダンス』と『ゴッチャ!』を担当した第4代目たいそうのおねえさん。

    ※:2012年4月2日から現在『パント!』のコーナーを担当している第5代目たいそうのおねえさん。

    ※:吉岡治さん作詞でボーカルショップが歌った『元気に一、二』、阪田寛夫さん作詞の『地球をどんどん』、山本正之さん作詞の『パラランたいそう』等を作曲した1933年8月21日生まれの作曲家さんでしたが、2014年11月21日に脳梗塞と肺炎の合併症のため死去されました。ちょうど81歳でした。