夏になるとコバエが部屋に!うざいから駆除してやる!超簡単だよ!

夏になると部屋やキッチンに
ブンブンとコバエが飛んでませんか?
見てるだけでイライラする程うざいですよね!

部屋に生ごみを置いているわけでもなく
換気もしているのに
あのうざいコバエは一体どこから
湧いてくるのでしょうか?

冬には全く見かけないのに
夏になるといつの間にか
コバエがブンブンと部屋を
飛んでいますよね。

体が小さく素早いので
中々、手で潰すのが
難しく本当にうざいですよね!

今回は、そんなうざい
夏になると必ず湧いている
コバエの駆除方法を書いていきます。

意外と簡単だったので、この夏は
超うざいコバエとおさらばしましょう!

スポンサーリンク

夏のうざいコバエは一体どこから?

この、うざいコバエは
ご存じの通り体が非常に
小さいです。

換気等で網戸にしていても
網戸の目よりも小さいです
よって、そこからの侵入

帰宅時に玄関から
一緒に侵入など
外からの侵入が多いです。

生ごみなどが部屋にあるのは
論外です。

コバエは生ごみをエサに
繁殖していきます。

湿気を好むコバエもおり
お風呂場やキッチンで見かけるのは
湿気を好むコバエです

排水溝などに洗剤の残りカスや
ヘドロをエサとして繁殖します。

そしてこのコバエは
繁殖力が普通ではありません
駆除しても駆除しても
なんでこんなに飛んでいるんだと
思ったこともあるでしょう。

コバエの寿命自体は2週間ほどですが
この間に2~3回産卵します。

一回で200個ほどの卵を産みつけ
相当な数のコバエになります。

冬でも卵はあるのですが
気温などの関係でふ化しないですが
夏の気温だと1日でふ化し
1週間で成虫になります。

湿気や生ごみなどコバエにとっては
夏は最高の季節となります。

スポンサーリンク

夏のコバエの簡単駆除方法とは

すぐに思いつくのは
市販のコバエ取りでしょう。
私も一杯買っておいてますw

ですが・・・
正直、全滅は難しいですね
数匹、コバエ駆除は出来ているのですが
コバエ取りを置いてもまだ
ブンブン飛んでおります・・
うざい!

では、超簡単にはどうするか

有名なところでめんつゆの使用
ご存じの方もいるでしょうが
知らない方・・・
これはかなり効果があります

コバエは臭いにつられて寄ってきます
そして本当にあっさりとこのトラップに
かかってくれます。

ではどうやってめんつゆで駆除するか
私のケースですと・・・

容器は使い捨てが出来るように
紙コップを使用。

そこに半分以上の水を入れます。
ストレートのめんつゆを適量入れ
食器用の洗剤を適量入れて放置

これで完成です!
簡単でしょw

臭いで寄せてきて
窒息させようという駆除方法です
本当に効果あるので是非!

上記で挙げたように
うざいコバエは一週間ほどで
ふ化します。

最低でもめんつゆは1週間は
そのまま置いておきましょう
10日くらいがベストですね
10日たてば捨てて大丈夫です。

トイレなどにサーっと
流しましょう。

そして、うざいコバエの発生原因を
書いてきましたので
その原因を断つということですね。

部屋やキッチンに生ごみを置かない
排水溝などのヘドロ、カスなどを
こまめに清掃する。

夏は臭いもきつく出てくるので
排水溝は小まめに清掃しましょう。

外などにゴミ箱を置いている方も
いるでしょう。
私もそうですが、ここに生ごみを
捨てることになると思います
対策としてはフタ付きの
ゴミ箱にしましょう。

どうしても外にゴミを捨てるので
窓を開けてしまいます。
その時に侵入してくるので
外に飛んでいない状態にしておきましょう

フタの裏側につけるコバエ取りも
市販で売っていますので
外のごみ箱に関してはそう言った物を
利用するのもいいでしょう。

コバエを1匹でも中に入れないのが
理想ですが、不可能に近いので
発生源を断つ努力をしましょうね。

まとめ

夏のうざいコバエを駆除する方法
これは意外と簡単でした。
正直「めんつゆ?」とバカにしていましたが
効果ありありでしたね。

ご飯食べてる時とかに目の前を
ブンブン飛ばれると本当にうざいし
気持ち悪いですよね・・・

たまにご飯に止まったりするし・・・

そういう気持ちの悪い
うざいコバエは簡単に駆除しましょう

部屋を不潔にしておくのも
生活環境としてよくありません
うざいコバエを駆除するついでに
部屋も綺麗に気持ちよく生活しましょう!

スポンサーリンク


スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索