テンパる人必見!落ち着く方法さえ分かれば克服は楽勝!

あなたはテンパる事はありませんか?
予期せぬ事に出くわしたり
イレギュラーな事が起きると
焦ってテンパる事ありますよね

私も仕事とかでよく
テンパります・・・

落ち着いてすれば何てことはない。
そういった内容の仕事が
テンパることで出来なくなって
つまらないミスに繋がったりします。

出来る事なら落ち着いて
テンパらないようにしたいもんです。

今回はテンパった時に
落ち着く方法を書いていきます。

正直、落ち着く方法さえわかれば
克服なんて楽勝ですよ!(^^♪

落ち着く方法の前に
まず、どういった性格の人が
テンパるのか、そこが大事です。
自分の性格を知る事で
落ち着きの方法を知り
克服できるのです。。

スポンサーリンク

テンパる性格とは

イレギュラーがあった時にテンパるのは
何の準備も出来ていないから
テンパるのです。

テンパる性格の最大の理由は
準備不足ということです。

これは私が仕事で経験したことからですが
大体予期せぬ事が起きたときは
それに対しての準備ができていません。

ある程度何パターンかの出来事を
予測しておいて準備するようにしています。

そうすることで何かあった時でも
大丈夫だという心理になります。
それが自信になるのです。

例えば・・・

プロボクサーが練習するのは
試合に向かっての準備です。
健康管理もそうですね。

試合の日に向けて体調や動きを
最大限使えるように準備します。
それが自信となって動けるように
なるのです。

全く練習していない選手なら
予期せぬパンチが来た時に
対応できずテンパり
自分の動きが出来ないでしょう。

ある程度の事を予測しつつ
準備するのが大事です。
テンパっている人を見た時に
どう思いますか?

何であんなにテンパってるんだろう?
もっと落ち着いてすればいいのに・・・
などなど
人の事なら冷静に見れるのに
自分の事は見られない。
そう!テンパる性格の人は
自分の事は客観視できない性格なのです。

そして、あんな姿を人に見せたくないと思い
人の目は気にするのです。

自信の無さの表れですね。。

テンパる人の性格は簡単にまとめると
自分に自信がないが人によく見られたいと思う。
用意周到な性格ではなく
自分の事を客観視出来ない性格といえます。

テンパる人の性格が分かれば
落ち着く方法も分かり
克服できますよね。

では・・・

スポンサーリンク

テンパった時落ち着いて克服する方法

上記でも書いたように準備不足
これを改善して自分の引き出しを
増やしましょう。

明日の仕事の内容は
本日中に色々な事を想定して
準備する。

明日がデートやコンパなら
どういった内容でどういったコースを
行くか本日中にシュミレーションする
これが準備です。

そうする事で、その事に対しての自信を持ち
不安がなくなります。

テンパるのを克服するには準備が大事だということです。

そして、人の事を冷静に見れるのなら
自分の事も客観視できるはずです。
発言行動の前に落ち着いて
冷静に自分を見るのです。

中々、テンパる性格の人は
この落ち着くというのが難しいです
しかし、意識することで克服できる物なのです。

自分は、テンパる性格だなどと
思い込むのが一番ダメです。

自分は冷静でテンパらない性格だと
思い込みましょう!
これだけでも全然違いが出ます。

冷静になれば周りに目を配る事もできるので
ある程度の事が起きても準備万端と合わせれば
ほぼ無敵!楽勝なのです!
人前に出るだけでテンパる人も
いるでしょう。
しかし、これも準備することで
克服できます。

仕事なら仕事で話す内容
デート、コンパなら異性に
話かける内容をリストアップすれば
ある程度話が続くでしょう。

そうやって少しずつでもいいので
準備することを癖づけて
克服していくのです。

まとめ

テンパる性格というのは
本当にやっかいですよね・・・

ここ一番という大事な時に
いつもの力が出せずにミスをする。

何度も言いますが本当に
準備さえ出来ていれば
殆ど克服できたようなものなんです。

それぐらいの大きな原因なので
意識して癖づけていきましょう!

準備をする癖
自分は冷静だ落ち着いていると
思い込む癖
性格なので意識して克服しましょう。

周りの知人などにはテンパる性格だと
バラしておきましょう。

そうすればみんな自分がテンパる性格だと
知っていますのでテンパったところで
ああ、またかと思われるくらいです。

気持ちも楽になりますよ!

スポンサーリンク


スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索