恐ろしい体内脂肪!最適に減らす方法とは!?

私は今まで自分の体重などを気にしたことがありません
お腹は少し出てきているものの見た目的には普通体系だからです
先日、友達の家で遊んでいる時に友達が体重計に乗り「太った~」と言い出し
私も何年も計ってなかったのでちょっと計ってみようと乗ったところ・・・
友達より4キロも多かったのです。
見た目的には友達はがっちりとした体形で見た目は私よりも重そう
なのに私のほうが4キロも多かったのです
理解が出来ずこれはなぜだと考えていましたが体内脂肪では?と
考えるようになりました。。
さすがにマズイなと思うようになり色々と調べてみました
体内脂肪を減らすべく頑張っていきます

スポンサーリンク

体内脂肪とは・・・

腹筋の内側などについている脂肪のことです
この脂肪は内臓の位置を正しく保ったり、衝撃などを少なくする役割がありますが
つけすぎるとかなり危険な体脂肪なのです。
性質上、体内脂肪は付きやすく落としやすいというもので誰でも簡単に落とせることができます

体内脂肪を最適に減らす方法

体内脂肪を落とす方法は有酸素運動が効果的です
これが一番有効な方法としてあげられています
有酸素運動は簡単で誰でも取り組めますが少し正しいやり方などもあります
息が切れるほどの運動は無酸素運動になってしまいますので脂肪があまり燃焼されません
特に高齢の方や高血圧の方には心臓への負担が大きくなり危険です
有酸素運動とはあまり激しくしない運動で息を吸ったり吐いたりできる程度の運動です
目安としては、すこし呼吸が乱れる程度、息苦しくない程度の運動です

ウォーキングや軽めのジョギングなどの持続しやすい運動が反復してできますので
これらを取り入れている人は多いです
ただ時間的にも有酸素運動は20分以上しないと体内脂肪が燃焼していかないと
言われていますので、最低でも20分はしましょう

体内脂肪が増える原因

なぜ、体内脂肪が増えるのか・・・
それは過食運動不足の2つが原因と言われています
女性よりも男性の方が体内脂肪は多くなりやすいと言われています
摂取カロリーが消費されずに体内に貯まっていき内臓脂肪となるのです

普段、運動してカロリーを消費できていればいいのですが運動しない人は多いです
(私もですw
食べ物で脂肪分が多い食事や、お菓子などカロリーが高いものは要注意です!

スポンサーリンク

体内脂肪が原因で他の病気にも・・・

体内脂肪が貯まってきて起きる病気はかなりあります・・・
糖尿病、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞、痛風、高血圧症などなど
これが複数重なるとかなり危険です
自分では分からないということもあり広く認識してもらう為に生まれたのが
「メタボリックシンドローム」なのです。
判断基準に腹部肥満があり、脂質異常、高血圧、高血糖のうち2つ以上にあてはまる
とあるのはそのためです。合併症などに気を付けましょう

体内脂肪に最適な食事とは

摂取するカロリーを減らすのはもちろんですが1日3食のリズムを乱さないこと
朝食は必ずとりましょう。ここを取らないと一日のバランスが崩れていきます

間食が多くなる原因の一つです。
一日に必要なカロリーは男性で2000~2200キロカロリー
女性では1800~2000キロカロリーです。
その範囲内に抑えて計画的にいきましょう

ポイントとしては・・・

糖分を取りすぎない
アルコールはほどほどに
揚げ物などの高カロリーは控える
こまめにカロリーを計算してメモを取る(意識づけする
朝食は抜かずに夕食は控えめで

まとめ

体内脂肪は代謝が早いので付きやすいですが落としやすいので
意識している人はキチンとした生活のリズムをとり
食事と有酸素運動を心掛けましょう。

今までの生活リズムもあるでしょうから、いきなりは難しいと思います
しかし、体内脂肪は危険な病気になる可能性もあるものです
少しづつでも自分のリズムを変えていって体内脂肪を減らしましょう

毎日の積み重ねが大きい効果になるでしょう
継続は力なり!
頑張って行きましょう(^_-)-☆

スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索