スナック菓子は健康に悪いのか!?知っておかないと怖い事に・・・

私はお菓子類が大好きでほぼ毎日食べています。

特にスナック菓子が大好きで夕食後には必ずといっていいほど食べています。

漠然と体に悪いんだろうなーと思いながらも大好きでやめられず

癖になってるとも言えます。

健康面でどんな影響があるのか気になったので少し調べてみました。

肌荒れが起きる

スナック菓子は殆どの物がビタミンやミネラルが含まれておらず消化の為に体内からビタミンやミネラルを奪うので肌荒れの原因になるようです。

肌に必要な成分が足りていないので新陳代謝が遅れて肌の再生力が弱まるようです。

しかも、スナック菓子は便秘の原因にもなるようで、便秘は肌荒れの原因になるようですね。

スポンサーリンク

睡魔がくる

スナック菓子は集中力を低下させて眠気も襲ってきます。

私は外の仕事なので仕事中とかにスナック菓子を食べることもよくありますが食べた後は動きたくなくなり本当に眠たくなってきます。

これでは仕事がはかどらないので仕事中のお菓子はさすがにやめました。

スッキリするガムとかミント系のタブレットなど結構いいかもですね。

疲労がたまりやすい

スナック菓子は栄養がほとんど含まれていないので、お腹の足しにはなりません。

大好きなポテトチップスなどは油と塩で脳が刺激されもっと食べたくなりますが、使用している油などは酸化したもので消化がしずらいものです。

消化に時間がかかると消化酵素をかなり必要としますので酵素が足りなくなり、栄養が身体にまわらず疲れやすくなるのです。

また酸化した油はコレステロールが溜まり血液がドロドロになるので疲労物質が溜まりやすくなります。

老化の原因になる

スナック菓子を食べる事が癖になり、日常的に食べていると体が酸性体質になり、免疫力の低下につながります。

免疫力の低下は内臓に様々な影響を及ぼします。

内臓の疲弊、病気になりやすく老化に繋がってくるのでなるべく食べない方がいいようですね。

特に小さいお子さんがおられる家庭でのおやつにはよくポテトチップスなどが出てくるかと思いますが、過剰に与えるのはまずやめるべきでしょうね。

スポンサーリンク

小腹が空いたとか、子供のおやつの時間などにはスナック菓子などより

フルーツを食べたりするのがいいようです。

正直、老化というのが一番怖いので私もフルーツを多めに取るように心がけますw

まとめ

メリット的なものはあまりないようですね・・・

しかし、スナック菓子というのは依存性がかなり高いらしく意識してやめていかないと辞めれないようです。

油を多く含んでいますので肥満の原因にもなりますし

太ってないからといっても安心はできないです。そういう場合は内脂肪がかなりすごくなっている可能性もありますので・・・

しかも、有害物質の「アクリルアミド」なども含まれており

動物実験では発がん性があることも確認されているようです。

月に1回など決めてスナック菓子を食べたほうがいいかもですね。

私は大好きなのでやめることはしないでしょうw

ただ毎日食べるというのはやめたいと思います・・・

怖いので月に1回と決めてこれからもスナック菓子を食べていきたいと思います。

スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索