仕事を辞めたい人は辞めた後の事を考えよう!

今の現時点で仕事を辞めたいと考えている人もいるでしょう。

その理由は様々あり人によっては違うとは思います。

・人間関係が嫌になった

・給料が安い

・会社の方針が合わない

・やりたい事がある

理由を上げだすとキリがありません。

若い時の私は仕事を転々とするタイプの人間でした。

すぐに辞めたくなり逃げるように次の仕事を探す・・・

理由も本当にダメな理由で朝起きるのが眠たいとか、特に理由はないけど行きたくないとか友達と遊びたいとか・・・

スポンサーリンク

一人暮らしをしていたにもかかわらずすぐに仕事を辞めていたのです。

それがダメな事なのも分かっていました。それでも仕事に行く事が苦痛で

辞めたくて辞めたくて仕方がなかったのです。

辞めるのは簡単です。

しかし、辞めた後にどういう事になるのかまず考えるべきでしたね。

当然一番に金銭的なものが来ます。

一人暮らしなので家賃、食費、ガソリン代、保険などなど・・・

まったくの無収入になるので支払いが出来なくなってしまいます。

まず自分が出来なかったのは今から考えると自問自答が出来なかったです。

ほんとうに辞めてしまってもいいのか?

辞めた後の支払いはどうしよう?

そもそも仕事を辞めたい本当の理由は何なんだろう?

辞める前にこいったことを自問自答することは非常に大切です。

仕事を辞めたいと思ってもすぐに行動に移すのではなく、自分自身考える時間を持つことが非常に大事なのです。

先ほども言いましたが辞めるのは簡単なのです!

本当に辞める理由があるか、やめた後どうなるか自問自答し

それでも辞めるという決断になってしまったなら辞めましょう。

しかし、辞める前にもきちんとした準備が必要です。

次の仕事がすぐに見つかる保障はありません。

今のところを辞めて仕事が見つからなければ結局金銭的負担は起きてしまいます。ですので衝動的な感情で動くのではなく、しっかりと次の仕事を決めてから退職することが大事です。

スポンサーリンク

まず自分の生活を保障してから辞める事をお勧めします。

辞めたくて辞めたくて突然仕事に来なくなる人のいると思いますが

会社からすれば突然一人の空きがでて仕事に支障が出るケースもあるでしょう

当然他の社員に負担がかかります。

どうしても我慢できなくて辞めたいと考えていても、こういった退職の仕方だけはやめましょう。

他人に迷惑をかけるような辞め方は絶対にダメなのです。

そうやって辞めた場合、金銭的な負担も周りの人に迷惑がかかります。

次も決まらずに辞め家賃の支払いなどが出来なくなり、家族や知人に頼ったりしないと生活が出来ないような状況に自分でしてはいけないのです。

仕事を辞めると決断したのならある程度の期間に余裕をもって

会社の人、家族、誰にも迷惑にならない形でやめましょう。

スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索