寝起きが悪い子供を正しく起こす5つの方法

寝起きの悪い子供は多いですよね。自分もそうでしたが

自分の子供もそうなっていますw似るもんですよね・・・

そんな時に気持ちよく起きてもらう方法!

自分の実体験から5つほどの方法をまとめてみました。

まず前提として、親になって分かったのですが起きないことにイライラする

気持ちは分かります。朝は忙しくバタバタしていて時間がないですからね

でも怒って起こすと逆効果になります。子供もイライラするものですw

体を揺すったり、布団をはがしたりそういう事をされると

自分は余計に起きたくありませんでしたw

スポンサーリンク

1.好きな音楽をかけて起こす

自分はこれが一番好きでした。好きなテレビ番組とかより

朝は好きな音楽で起きるのは非常によかったです

私は朝が本当に苦手で中々起きないことを母親も知っていましたので

起きる1時間近く前から私の好きな音楽を流し始めは低音量

時間が進むにつれて少しずつボリュームを上げていたようですw

色々と考える親も大変でえらいなーと思いますねw

低音量でも寝ていても少しづつ耳には入ってきて眠りが浅くなる感覚でした

音を大きくしにきたときにはもうすでに気づいてる感じで起きてましたね。

自分的にはこれが一番おすすめです!

2.好きなキャラクターの目覚まし時計

そうはいっても子供です。これも子供が小さい頃

小学生の低学年くらいまでですかね・・・私も買ってもらいました。

当時志村けんさんが大好きで、志村けんのバカ殿の目覚まし時計w

これは結構音量も大きく好きだったこともあったので笑いながら

起きる日も結構ありましたwアイーーーーーーん!

3.朝ごはんが好きな物

これも結構効果が自分の中ではありましたね。

子供の時って自分は米は朝からは嫌だったのです。好きな子もいるでしょうけどねw

自分の子供さんの好きなものでいいのですが自分はフレークっていうのかな

お菓子感覚で食べれて牛乳入れて食べるやつです。体にも牛乳だから

いいでしょうwただ毎日それだとだめですね。

子供でも慣れがきますw私の母親は起きてほしいという

ここぞという日に「今日はフレークだよ~」と起こしにきましたw

遅刻、欠席してほしくない日があったのでしょう・・・

単純だったのですぐ起きて食べに行ったました・・・

だから普段スーパーに一緒に買い物とかに行ってフレークを買ってと

頼んでも買ってもらったことは一度もないんですよね・・・

母親が必殺技として置いていたのでしょうw

スポンサーリンク

4.窓などを開けて周りの音を聞かせる

朝だとご近所さんの出入りも多く車なども通っています。

そういった音に反応して眠りが浅くなり起きるという事が多かったです。

子供ながらにも自分が寝てる時に慌ただしい音が聞こえてくると

なぜか間に合わないとか遅刻しちゃうかもとか色々考えて寝れなくなりますw

そういった意味でも生活音を聞かすのはかなり有効だと思います。

窓を開けるのはもう一つ大きな効果があって、真冬限定ですが・・・

死ぬほど寒いです・・・wあれで目が覚めないのならかなりの強者ですw

5.自主性をつけさす

最終的にはこうなってくれるのが望ましいですよね。

自分で起きてくるように仕向けるということです。記事の始めにも書きましたが怒って起こすのは本当に逆効果です。

起こされるのではなく、自分から起きるように!

これがベストですよね。自分は色々母親から音楽をかけたり

好きな朝食で釣られて起きたりとしていましたが

起きて行った時にはかならず「えらいね~起きれたね~」と

毎日のように褒めてもらっていました。これが子供にとって結構

嬉しかったりしたのを覚えています。最終的には音楽をかけるという

起こし方しかしてこなかったですが小学生の高学年くらいからは

音楽はかけてもらってましたが、ほぼ自分から起きていく習慣が

ついてしまっていましたねw母親もしてやったりって所でしょうw

親は大変です。それも分かります。ですが怒るのではなく

自主性を持たせることを目標に辛抱強く頑張っていきましょう。

自分の体験からですが何かの参考になれば幸いです!

スポンサーリンク


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索